コスメティックスでおこなう朝のヘアケアIPSコスメティックス

毎日のビューティーケア朝、さっぱり身支度を整えるには洗顔やメイクの他に
ヘアスタイルも整えると思いますが、
その前に、コスメティックスでヘアケアをしましょう。

ヘアケアといえば夜、寝る前やお風呂の中で使う
コスメティックスでおこなうのが一般的とされていますが、
朝におこなうものもあります。

朝のケア

まず、地肌がべたついている場合。夜寝ている間に
人間は平均で200mlもの汗をかくといいます。
暑い季節ならもっと増えるでしょう。自分では気付かなくても
実は頭皮も汗をかいた後なのです。

その為、シャンプーをする人もいますが、朝夕と頭皮の脂質をとりすぎるのもよくありません。

かつて「朝シャン」というものが大流行した時代がありました。
ですがあれ、実は髪や頭皮にとっては決していいものではないのです。

夜お風呂に入って髪を洗ったにも関わらず朝に洗髪するのは髪には負担でした。
ここでは洗い流さないタイプのコスメティックスをおすすめします。
頭皮につけ、マッサージすることで汗のにおいを押さえます。

メンソールが入っているものならさっぱりとして気分もすっきりします。
また、毛先のダメージにはキューティクルをいたわるタイプの
コスメティックスが良いでしょう。

ipsコスメティックスの美容液を使えば、

オイルタイプ、クリームタイプありますが自分に合う方を見つけ、
ヘアセットの前に使うことをおすすめします。

ヘア用のコスメティックスを使うことで、髪が健康になるだめでなく、
スタイリングの持ちもよくなります。
これは嬉しい相乗効果ですよね。

 

朝シャンは髪の健康を損なうかも!夜のシャンプーの重要性

朝シャンは朝に行うシャンプーの略語で、昭和や平成の時代にブームとなりました。
しかし朝のシャンプーは髪の毛の健康を損なう可能性があるので注意する必要があります。

髪の毛を洗う理由の大きな柱は、髪の毛や頭皮についた汚れを洗い流すということがありますが、これは朝行うよりも夜にやりたいことです。
一日を過ごして汗や皮脂やほこりなどが付着した髪の毛や頭皮は、そのまま眠ると頭皮や髪の毛のダメージのもとになりますし、新しく健康な髪の毛が生えにくくなってしまいます。

そこで、夜はしっかり汚れを落としておきたいところです。
ですが、基本的によるのシャンプーから数時間程度しかたっていない状態で朝のシャンプーをすると、そこまで汚れていないためダメージを加速させてしまいます。
又、朝は急いで準備をすることが多いため、ドライヤーなどの扱いも雑になりがちです。

頭皮や髪の毛をしっかり乾かさないままにしておくと、汚れや雑菌が繁殖する原因にもなりかねません。
きちんとしたお手入れをしたいなら、夜やったほうが時間をとることが出来ますし朝はそこまで汚れていないので、シャンプーをする必要はありません。

特に過酸化脂質をシャンプー前のブラッシングによってしっかり除去して、マッサージでさらに血行を促進して汚れを落とすシャンプーがおすすめです。
きちんと夜のケアを行うことで、健康で美しい髪の毛が目指せます。