2013年10月09日

コスメティックス豆知識;シミのカバー方法

シミは、気がつくと増えていたり濃くなっていたりして、メイクのときに気になってしまうものです。

そこで、毎日のコスメティックス活用によってシミをカバーし、目立ちにくくさせることが大切です。
シミは一度できてしまうとなかなか改善することができません。
時間も必要になりますから、手軽にカバーするためにはコスメティックスの活用が効果的なのです。

カバーのためにはコンシーラーが効果的ですが、どうしても塗った感覚があり、軽いつけ心地のものが好まれるという点から、リキッドファンデーションをうまく活用するとよいでしょう。
コスメティックスの中でもリキッドファンデーションは黒ずみやしみを目立ちにくくさせることのできるアイテムです。

まず、メイクの前に下地をきちんと塗り、肌が乾燥しないようにします。
次に、黒ずみが気になる部分にリキッドファンデーションを重ねるように塗り、覆います。
コスメティックスの中には、乾燥肌対策のための保湿成分が配合されているものもあるので、そちらも活用するとよいでしょう。
仕上げのプレストパウダーはあまり厚塗りにならないようにし、気になる部分にブラシで重ねるようにすると自然に仕上がります。

タグ:豆知識
posted by ふろっぐまん at 16:44| Comment(0) | コスメティックス

2013年09月09日

コスメティックスの知識。シミにはコンシーラーを。

コスメティックスといえば、様々なものがありますが、シミを隠したいなら、是非使用したいのがコンシーラーです。
コスメティックスの中では「ベースメイク」に位置するアイテムで、シミやそばかす、ニキビやニキビ跡などの肌トラブルを隠すために使います。

形状としては、スティックタイプのものや、パレットタイプ、チューブタイプなどがあり、指で直接付けたり、筆を使って付けたりします。
コンシーラーの使い方は、コスメティックスアイテムの中ではファンデーションの前あるいは後に使用します。

パウダーファンデーションの場合は、下地で整えた後にコンシーラーを塗り、その後にファンデーションを重ねます。
リキッドファンデーションやクリームファンデーション、BBクリームなどの場合は、ファンデーションを塗った後に使用し、ルースパウダーで仕上げます。

このコスメティックスには、美白効果のあるものや、日焼け止め効果のあるものもあり、シミの解消や予防に効果的です。

posted by ふろっぐまん at 16:44| Comment(0) | コスメティックス

2013年08月21日

オフィスでのボディケアとコスメティックス活用法

毎日のオフィスは、暖房などで乾燥しており、空気がとてもカサついています。
そのため、肌やボディ全体が乾いているというのを感じる人も多くいるかと思います。

そこで、効果的にコスメティックスを活用してオフィスでボディケアをする方法について説明していきます。
まず、乾燥を防ぎ、保湿をしっかりするために、ミストタイプの化粧水ローション、そして油分を補うためのクリームを用意しましょう。

ミストで水分を補い、そのあとにクリームで保護します。
ボディケア専用のコスメティックスもあるので活用しましょう。
香りがきついものはあまり適していないので無香料のものを使用すると周りに迷惑がかかりません。

肘や膝、首などは特に皮脂が少なく乾燥しますから、しっかりと保湿コスメティックスを使って乾燥状態から保護してあげるようにしましょう。
化粧室などに入るたびに保湿をすると柔軟な肌を保つことができます。
ボディケアコスメティックスの中でも、肌が敏感な人には無添加のものをおすすめします。

posted by ふろっぐまん at 13:37| Comment(0) | コスメティックスボディケア