2014年03月20日

コーン油の成分がコスメティックスにおいても有用な理由

とうもろこしの種子から分離した胚芽部分から摂れる液状の油脂をコーン油といい、 主に食用として広く利用されています。
しかし近年では食用のみならずコスメティックスの面でもその有用性が注目されており、化粧品素材としても利用されています。

高品質な油成分がメイクアップ製品のお肌での伸びを良くする作用があり、肌の表面に保護膜を作り出して乾燥などの外気からの刺激をシャットアウトする効果が期待できます。
またコスメティックスとしての有用性はスキンケアのみならずヘアケアにも有用な成分であり、コーン油を配合することで髪を艶やかで滑らかにする効果を促進させることが可能です。

この油が配合されているコスメティックス製品はネット上の口コミで話題となっており、高い評価を受けると同時にネット通販などで広く販売されています。
コーン油の主な成分は豊富なビタミン各種と天然ミネラルであり、食用としてもコスメティックス製品としても安心して使用出来るという魅力もあります。

posted by ふろっぐまん at 16:21| Comment(0) | ナチュラルコスメティックス

2014年02月10日

コスメティックスを節約、自分で作るパック

女性なら誰しも自分を綺麗に見せたいと思いコスメティックスを利用します。
しかしコスメティックスにお金をかけられる女性ばかりではありません。
専業主婦や学生などは、化粧水や乳液などの基本的なコスメティックスを購入するのが精一杯で、パックなどの特別なコスメティックスは節約しているので手が出せないという人も多いでしょう。

そんな時は、自分でパックを作ってみるのがオススメです。
一番シンプルで基本となるものは、小麦粉と水です。
このどの家庭にでもある2つを混ぜ合わせて適度な固さにし、肌に塗るだけで余分な角質や汚れを落とす事ができます。

この基本にプラスして、シミが気になる人は緑茶の粉を混ぜてみたり、保湿がしたい人はハチミツを混ぜ、水の代わりにヨーグルトや米のとぎ汁を利用するのも効果的です。
基本形に自分なりにアレンジを加えることで、どんな肌悩みにも対応可能です。
そして何よりコストがもの凄く安いので、節約中でも気兼ねなく行える美容法です。

posted by ふろっぐまん at 15:26| Comment(0) | コスメティックステクニック

2014年01月22日

コスメティックスの成分、コハク酸の役割

コスメティックスの成分で、コハク酸というものがあります。
この酸は植物に広く含まれていて、その名の通り酸として働きます。

ちなみに、この酸は食品のうまみを構成する物質であるとも言われています。
コスメティックスとして働く成分は酸性が強かったりアルカリが強かったりと、様々な性質を持っています。
しかしながら、あまりにも酸性が強かったり、アルカリが強かったりすると、当然人間には害になります。

そこでコスメティックスとして適切な酸やアルカリの強さになるように、調整をする必要があります。
このときにアルカリすぎる物質に加えるのがコハク酸です。
酸を加えることによって、アルカリを中和させています。

このように、酸性やアルカリ性を調整するものは、pH調整剤と呼ばれています。
pHは酸性度を表す指標で、この値が小さいほど酸性が強いことになります。
健康な人の肌はpHが5〜6と言われているので、コスメティックスはこのpHからあまり離れすぎないように調整されます。

posted by ふろっぐまん at 17:41| Comment(0) | コスメティックス