2014年03月20日

コーン油の成分がコスメティックスにおいても有用な理由

とうもろこしの種子から分離した胚芽部分から摂れる液状の油脂をコーン油といい、 主に食用として広く利用されています。
しかし近年では食用のみならずコスメティックスの面でもその有用性が注目されており、化粧品素材としても利用されています。

高品質な油成分がメイクアップ製品のお肌での伸びを良くする作用があり、肌の表面に保護膜を作り出して乾燥などの外気からの刺激をシャットアウトする効果が期待できます。
またコスメティックスとしての有用性はスキンケアのみならずヘアケアにも有用な成分であり、コーン油を配合することで髪を艶やかで滑らかにする効果を促進させることが可能です。

この油が配合されているコスメティックス製品はネット上の口コミで話題となっており、高い評価を受けると同時にネット通販などで広く販売されています。
コーン油の主な成分は豊富なビタミン各種と天然ミネラルであり、食用としてもコスメティックス製品としても安心して使用出来るという魅力もあります。

posted by ふろっぐまん at 16:21| Comment(0) | ナチュラルコスメティックス